クリスチャン・ラッセンの絵は買った方が良い?

ラッセンの版画は買取がいいかレンタルがいいか?どちらでなければいけないという事はありません。自身の価値観の問題でしょう。

本当のラッセンとは?!メインimage

クリスチャン・ラッセンの絵は買った方が良い?

海とイルカ、自然界の動物をテーマとするラッセンの絵は、購入してもよし、借りて変化を楽しむのもしです。

私なりの意見をまとめてみました。

★自分のものにしたいのなら版画の買取。

絵画は純粋に考えれば、「好きな絵をずっと自分の手元に置いておきたい」という衝動から購入するものです。

リースで利用する人の割合は、購入する人の割合に比べて圧倒的に低いことでも、そうした心理が裏付けられます。

ラッセンのように“癒しの画家”と呼ばれるような作品は、とくにそうかもしれません。

買取にするかリースにするかは他人に相談して決めるものではありませんが、純粋に気に入ったラッセンの絵を自分のものにしたいなら、買い取るべきでしょう。

値段は大きさなどによっても変わってきますから、一度幅広くラッセンの作品を検索してみると良いでしょう。

☆値段を確認⇒ラッセン|絵画 通販・価格比較 - 価格.com

ラッセンの作品はとても多いので、今迄見た事のない作品もあるはずです。

お気に入りの作品が高くて手が届かなくても、もしかしたら予算の範囲内で新たなお気に入りを見つけられるかもしれません。

★模様替えに使いたいのならレンタル。

買取が当然と思える一方で、ラッセンなど自然系の画家の絵を模様替えのツールとして利用している人もいます。

リースのいいところは、所有ではないので手入れの必要がなく、傷みや汚れを気にしなくて良いことです。

春夏秋冬、自分の部屋の模様替えにあわせて、または好みとは関係なく定期的に取り換えてくれるリースの絵で、それまでとは違うラッセンの絵を楽しむことができます。

★ラッセンに限らず、絵との接し方はライフスタイルと価値観の問題です。

レンタル派もだいぶ増えてきました。

レンタル派の数は圧倒的に少ないとはいえ、この10年では1割以上の増加がみられています。

所有することに大きな意味を感じない人、借りて楽しむ合理的な考えの人が増えているようです。

自然系のラッセンの絵であれば、ライフスタイルにあわせて変化させるのも悪くありません。

Copyright www.granburysmartphone.com.All Rights Reserved.

当サイト(本当のラッセンとは?!)の記事・画像などの無断転用を禁止します。