会社に勤務しない在宅型のテレワークやテレコミュニケーションが日常化して、テレビ会議はいまや多くの日本企業で取り入れられるようになりました。

経営者にとってはコストパフォーマンスが大幅にアップし、さらに経営効率の格段の向上にもつながることから、これまで導入を決めかねていた企業も、改めてテレビ会議システムの導入を検討しはじめている企業が増加しているといいます。

テレビ会議のメリットは経営効率ばかりではなく、情報共有の密度も大幅にアップさせることができるようです。

東京都内にある中堅企業では、自社内200人の社員にテレビ会議システム導入後のアンケート調査を行いました。

その結果、テレビ会議で発した3種類の情報に対して“すべての情報を知っている”と回答した社員は実に全体の80%以上にも達し、これまで半数程度でしかなかった情報の共有率が著しく向上したという結果になりました。

テレビ会議は、単なるテレビ会議というだけではなくWeb会議という形でも進化をつづけています。

クラウドの登場で遠隔地とのコミュニケーションが格段に取りやすくなり、テレビ会議にかかっていたコストも大幅に軽減することができるようになったからです。

企業の「効率化とスピードと情報共有率の高さ」は、いまやテレビ会議やWeb会議を1つの核として語られるようになりました。

テレビ会議システムの進化そのものの進化も著しく、たとえば会議の招集は電話帳から参加メンバーを選択するだけでスムーズにスタートでき、最短わずか3回のクリックでカンファレンスの準備が完了。

そのまま討議に入れるようなシステムになっています。

こうした操作性や機能性の向上は、テレビ会議やWeb会議に参加するメンバーに、会議以外のことで神経を煩わさせることなく、会議に集中させることができるといいます。

質の高いテレビ会議を導入することで、会議の質ひいては仕事の質を向上させることが可能です。

質の高いテレビ会議をしたいなら、Web会議・インターネット会議やテレビ会議システムは実績多数のモーラネットをおすすめします。