土地の名義変更は自分でできる?

土地の名義変更を自分でする方法についてまとめています。必要な書類とどこで手続きをするのか、費用はいくらくらいかを知っておきましょう。

知っ得!土地の名義変更知識のメイン画像

土地の名義変更は自分でできる?

土地の名義変更の手続きを自分でするのは難しいのでしょうか。

自分で行う時に必要な書類と費用について調べてみました。

もし自分で手続きしようと考えているなら、参考にしてください。

▼手続きに必要なものは

土地の名義変更の手続きで必要なものは何なのでしょう。

土地を贈与する(される)場合を例にしてみます。

まず、贈与する側は、土地の権利書、印鑑証明と実印、一番新しい固定資産税の証明書を揃えます。

贈与される側は、住民票、実印、お金(土地の値段によって変わる)が必要です。

▼手続きはどこで

名義変更の手続きは、法務局で行います。

土地を贈与する人とされる人が一緒に行って手続きをします。

法務局では、土地や固定資産税の窓口に相談員がいますので、手続きを依頼します。

相談員は手続き書類の書き方を丁寧に教えてくれますので、問題はないでしょう。

書き終えたらそのまま提出し、約1週間後に新しい権利書が出来上がるので、二人で受け取りに行けば終わりです。

関連ニュース≫:https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H03_Y7A320C1EAF000/

▼名義変更にかかる費用

名義変更にかかる費用は、土地の価格の1000分の20となっています。

土地の価格は1000万円だったとすると、20万円が必要ということです。

その他に、贈与税が必要になります。

本来は、相続税の方が安いのですが、相続でもめる心配がある人は、生前贈与などをするケースがあるようです。

自分で手続きするのは、それほど難しくありませんね。

ただ、書類を揃えたり法務局に出向いたりするのが面倒ですが、時間に余裕があるのなら、ぜひ自分で手続きをしてみましょう。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索