土地の名義変更を司法書士に依頼したら

土地の名義変更を司法書士に依頼した場合のメリットとデメリットについてです。費用はかかりますが全てお任せでき、早く済むため良いかもしれません。

知っ得!土地の名義変更知識のメイン画像

土地の名義変更を司法書士に依頼したら

土地の名義変更は自分でもできますが、手間と時間がかかるため専門家に依頼することが多いようです。

たいていは司法書士に依頼することになりますが、メリットとデメリットは何なのでしょう。

▼司法書士に依頼するメリット

司法書士に土地の名義変更を依頼するメリットと言えば、手続きをすべて任せられることです。

書類を作らなくても良いですし、法務局に行く必要もありません。

土地のある場所によっては、その管轄の法務局に行けないという人もおり、自分で手続きするのが難しい場合は依頼してしまった方が良いでしょう。

▼司法書士に依頼するデメリット

司法書士に依頼する場合、司法書士への報酬を支払わなければなりません。

報酬の金額は、司法書士によってまちまちですが、相場がありますのでそれを知っておきましょう。

名義変更の内容によって報酬額は違います。

相続の名義変更の場合、50000円前後から70000円くらいです。

もし書類は自分で準備できるというなら、10000円前後安くなります。

売買や贈与、離婚などの場合は、40000円前後から60000円くらいとなっています。

▼費用がかかるのがデメリットとは言えない

司法書士に依頼するデメリットが費用を支払うこととしましたが、専門家に依頼すれば費用が発生するのは当然のことで、安心してすべてお任せできるのですからデメリットばかりとは言えないかもしれません。

自分で手続きすると、何か不備があった場合にまた出直さなければならないですし、時間がかかります。

こういったことを考えれば、全て専門家にお任せすれば、早く済みます。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索